ファッション
化粧・美容
メイクアップ&スキンケア
ボディケア&ダイエット
インナーウェア・ヘアケア
健康・シルバー用品
運動
健康器具
健康・介護・シルバー用品
寝装・寝具
ベッド・ベッド関連用品
マットレス
寝具セット、掛布団、枕
敷布団
毛布
かいまき、半天
こたつ・こたつ布団・こたつ天板
タオルケット・軽寝具
ごろ寝長座布団、座布団
インテリア
チェア・椅子・ソファー
座椅子・スツール
ソファカバー
テーブル・座卓
カーペット・ラグ
い草上敷き・畳、
籐カーペット
廊下敷き・階段マット
玄関マット・キッチンマット
カーテン・のれん、
スクリーン
室内装飾、
インテリアグリーン
収納家具・便利家具
リビング家具、収納
衣類収納
キッチン家具、収納
玄関収納
サニタリー収納
ハウスキーピング
キッチン用具、調理家電
バス、トイレ用品
洗たく、清掃用品
エクステリア、園芸用品
アイディア雑貨
除菌グッズ
仏壇仏具、冠婚葬祭用品
印かん、掛軸、開運グッズ
玩具、ゲーム、ぬいぐるみ
オーディオ、ラジカセ、
ステレオ
アイディアグッズ
防災用品
ペットコーナー
食品
缶詰
梅干し・漬物
水産物・お魚
農作物・畜産物・お肉
お菓子・スイーツ
有名メーカー・業務用・保存食
訳ありグルメ
健康食品・サプリメント
  • メールマガジン購読
  • 演歌歌謡曲サイト「こぶしdeねっと」
  • あべ静江さん
  • 平 浩二さん
  • 松本 匡史さん
  • 定岡 正二さん
  • ハートフルウェルフェア

営業日カレンダー

  • 9月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
  • 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
 

…休業日

ご注文、お問合せに関しましても通常通りFAXとメールにて24時間受け付けております。その場合、発送は休み明けとなります。お客様から頂いたメールへのお返事は必ず2営業日以内に返信しております。万一、メールをお送り頂いたにもかかわらず、当店より返信がない場合は大変お手数をお掛けいたしますが、再度ご連絡下さいますよう、お願い申しあげます。また、ご注文後のお問合せの際には、必ず、ご注文番号及びお名前、お電話番号の記入をお願い申し上げます。

トップページ > 石原 裕次郎・田端義夫・三波春夫 特別コラム > 石原裕次郎2

テイチク×ファミリー・ライフ 共同企画 永遠のタフガイ 石原裕次郎 映画主題歌が次々にヒット

映画主題歌が次々にヒット

石原裕次郎

 石原裕次郎がこの世に生を受けて、既に80年の月日が経つ。
 58年に映画人口がピークに達した背景と合わせるように、裕次郎はまさに時代の寵児としてスター街道を驀進し、レコードも映画主題歌が非常に多かった。吹き込みが最も盛んに行なわれたこの時期、前述の諸作のほかにも、「紅の翼」「世界を賭ける恋」など映画と連動した名曲が見受けられる。60年代を迎えても映画主題歌が頻繁な傾向は揺るぎなく、当初『街から街へつむじ風』という映画の主題歌として61年に発表された後、曲のヒットを受けて翌年には同名の映画も制作された「銀座の恋の物語」は映画と歌謡曲の固い絆を象徴する一曲で、歌謡曲きってのデュエット・ソング、そしてムード歌謡のスタンダードとして定着し、現在に至るまで広く親しまれている。国際都市・東京の中でも特別な街、銀座をテーマにした流行歌は数知れないが、これはその横綱に位置する。スケジュールの関係から、バンド演奏との同時録音が敢行された曲でもあり、500曲を超える裕次郎のレコーディングの中でも、シンクロ録音はこれが唯一であったという。
 62年には「旅姿三人男」「夜霧のブルース」など、昔からのファンだったテイチクの先輩、ディック・ミネの歌をカヴァーした。当時はまだ人の歌を自由に歌うことが憚られる時代であり、担当ディレクターの中島賢治氏がディック・ミネへお伺いを立てに行ったところ、「ほかの奴なら嫌だけど、裕次郎ならいいや」とあっさり許諾が得られたそうである。後にミネは裕次郎のことを「芸能界でいちばんかわいい後輩」と褒めた。裕次郎が吹き込んだ他人の歌のカヴァーはどれも絶品で、70年代には『裕次郎・古賀メロディーを歌う』というアルバムで、藤山一郎の「東京ラプソディ」や、楠木繁夫の「人生劇場」など、テイチクの歴代ヒット曲も歌っている。そんなカヴァーの多かった62年の最大ヒットとなったのが「赤いハンカチ」。5年前に一度は録音される予定がオクラ入りとなっていたところ、5年ぶりに日の目をみることとなり、予想外に売上げを伸ばして「銀座の恋の物語」に次ぐ大きなヒットとなったのだった。翌63年には石原プロモーションが設立されて映画の仕事もより精力的にこなしていた中で、歌手活動にも大きな変化が訪れる。

初のリサイタル〜歌手の日々

石原裕次郎

 それまでレコーディングの時以外は人前で歌うことを滅多にせず、リサイタルやコンサートも行なってこなかった裕次郎であるが、63年7月にスタートした日本テレビ『今晩は裕次郎です』のホストを務め、番組内で歌を披露する機会が訪れたため、以前より熱心に歌に取組むようになった。テイチク30周年記念レコードとして企画された浅丘ルリ子とのデュエット「夕陽の丘」をヒットさせたのも同じ年のこと。65年は鶴岡雅義が作曲した「二人の世界」がヒット。既存曲ながら、これほど裕次郎のヴォーカルにマッチした曲はなく、彼の歌ったムード歌謡の最高峰ともいえよう。書き下ろしとなったカップリングの「泣かせるぜ」も共にヒットしてそれぞれ映画化された。同じ頃には初の全国縦断リサイタルが敢行され、24ヶ所で10万人を動員している。そして最重要曲のひとつ、67年の「夜霧よ今夜も有難う」は、裕次郎と中島ディレクターが銀座のクラブで偶然、浜口庫之助にあったことから生まれた一曲。当初はカップリングの「粋な別れ」がA面だったが、どちらも甲乙つけ難い名曲だ。浜口とのコンビでは69年の「港町・涙町・別れ町」、72年の「恋の町札幌」もある。以降のヒット曲は、74年に八代亜紀とデュエットした「別れの夜明け」、77年の「ブランデーグラス」などが挙げられる。
 72年に日本テレビでスタートしたドラマ『太陽にほえろ!』では若い刑事たちをまとめるボス役を重厚に演じ、日活時代を知らない世代にも大スターの貫禄を示し、新たな人気を得るに至った。同番組では歌手・石原裕次郎は封印されたが、その後79年にスタートしたテレビ朝日のドラマ『西部警察』では、主題歌レコードも活発に出され、第1シリーズでは「みんな誰かを愛してる」「夜明けの街」、第2シリーズでは「時間よお前は・・・・」「勇者たち」、第3シリーズでは「嘆きのメロディー」をヒットさせた。最後の映画主題歌(出演はなし)84年の「黎明」、生前最後のリリースとなった87年の「わが人生に悔いなし」の到達感は凄みさえ感じさせる。計らずも追悼盤となった「北の旅人」が異例のミリオン・セラーを記録したのは記憶に新しい。歌手・石原裕次郎の活動は決して俳優の余技などではなく、最初から最後まで一流であった。

(鈴木啓之=アーカイヴァー)参考文献:石原裕次郎過ぎ去りし日々/中島賢治(88年 角川文庫)
石原裕次郎 歌伝説/高柳六郎(00年 現代教養文庫)
写真提供:日活

石原裕次郎のCDを使ってかるた遊びができる、
脳の活性化につながる画期的新商品! 石原裕次郎 かるた付CD 3枚組全46曲

ご購入はこちら

ブランク

前の記事へもどる