ファッション
化粧・美容
メイクアップ&スキンケア
ボディケア&ダイエット
インナーウェア・ヘアケア
健康・シルバー用品
運動
健康器具
健康・介護・シルバー用品
寝装・寝具
ベッド・ベッド関連用品
マットレス
寝具セット、掛布団、枕
敷布団
毛布
かいまき、半天
こたつ・こたつ布団・こたつ天板
タオルケット・軽寝具
ごろ寝長座布団、座布団
インテリア
チェア・椅子・ソファー
座椅子・スツール
ソファカバー
テーブル・座卓
カーペット・ラグ
い草上敷き・畳、
籐カーペット
廊下敷き・階段マット
玄関マット・キッチンマット
カーテン・のれん、
スクリーン
室内装飾、
インテリアグリーン
収納家具・便利家具
リビング家具、収納
衣類収納
キッチン家具、収納
玄関収納
サニタリー収納
ハウスキーピング
キッチン用具、調理家電
バス、トイレ用品
洗たく、清掃用品
エクステリア、園芸用品
アイディア雑貨
除菌グッズ
仏壇仏具、冠婚葬祭用品
印かん、掛軸、開運グッズ
玩具、ゲーム、ぬいぐるみ
オーディオ、ラジカセ、
ステレオ
アイディアグッズ
防災用品
ペットコーナー
食品
缶詰
梅干し・漬物
水産物・お魚
農作物・畜産物・お肉
お菓子・スイーツ
有名メーカー・業務用・保存食
訳ありグルメ
健康食品・サプリメント
  • メールマガジン購読
  • 演歌歌謡曲サイト「こぶしdeねっと」
  • あべ静江さん
  • 平 浩二さん
  • 松本 匡史さん
  • 定岡 正二さん
  • ハートフルウェルフェア

営業日カレンダー

  • 9月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
  • 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
 

…休業日

ご注文、お問合せに関しましても通常通りFAXとメールにて24時間受け付けております。その場合、発送は休み明けとなります。お客様から頂いたメールへのお返事は必ず2営業日以内に返信しております。万一、メールをお送り頂いたにもかかわらず、当店より返信がない場合は大変お手数をお掛けいたしますが、再度ご連絡下さいますよう、お願い申しあげます。また、ご注文後のお問合せの際には、必ず、ご注文番号及びお名前、お電話番号の記入をお願い申し上げます。

トップページ > 石原 裕次郎・田端義夫・三波春夫 特別コラム > 三波春夫1_1

テイチク×ファミリー・ライフ 共同企画 国民的歌手三波 春夫浪曲に魅せられた少年時代

浪曲に魅せられた少年時代

三波春夫

 三波春夫は1923(大正12)年7月19日、新潟県三島郡(現在の長岡市)に生まれた。本名・北詰文司。実家は書籍や文具を扱う商家で、3人兄弟の末っ子であった。7歳の時に母・ミヨが病没し、父・幸三郎は母親を失った子供たちを励まし家庭を明るくすべく、3人に民謡を教えた。文司少年は「江差追分」や「佐渡おけさ」を覚えるうちに、非常に歌が好きになっていった。ラジオから流れる浪曲も大好きになり、大人たちが農作業をしている所へ出かけていって、畦道で知っている限りの歌や浪曲を歌ったところ、皆が笑顔で喜んでくれた。そのことが実に嬉しく、歌が持つ力を実感した出来事だったが、これが文司が歌手の道を志す原点となった。
 やがて、父が再婚した後は継母を実母のように慕い、元気な少年時代を過ごすも、13歳の時に父の店が倒産し、一家は東京へ。文司は家計を助けるために奉公に出て、米穀商や製麺所で働くようになる。しかしその傍ら、浪曲への想いは募るばかり。出版されていた浪曲の台本を買ってきて自分流に節をつけてうなり、配達の際には得意先で披露して好評を博した。15歳になって築地市場内の叔父の店で働くようになってからも、仕事の後に木箱を重ねた演台の上で浪曲を語って人気者に。そしていよいよ本格的に修業をしたいと同郷の浪曲の大家・寿々木米若に入門願いの手紙を送ったが、返ってきたのは芸界の厳しさを説いた丁寧な断り状だった。
 翌年、16歳の時に「日本浪曲学校」に入学した文司は、その美声と熱心な稽古ぶりがすぐに校長の目に留まり、入学の翌月には早くも六本木にあった寄席「新歌舞伎座」で初舞台。少年浪曲家・南篠文若としてスタートを切った。その門出を祝って魚河岸の主人たちからは、演台のテーブル掛けが贈られた。

シベリア抑留の経験から得たもの

 入学から1年8ヶ月後には、一枚看板で初の巡業に出ることになる。この頃、叔父が管主を務めていた伊豆の修禅寺をよく訪れていて、そこで出会った名優、初代・中村吉右衛門から、「浪曲家が浪花節を勉強するのは当り前。だが、それだけでは一流の芸能人にはなれない」と教えを受けたことは心に大きく響いた。叔父からも、広く大きく世の中を学ぶようにと芸能に携わる者として心掛けるべきことを数々教えられ、後に至るまでの人生哲学の礎となった。
 その後も順調に活躍を続けていたが、1944(昭和19)年、20歳の時に陸軍に召集されて満州へ。入隊後まもなくから兵士たちの休息の時間には皆から求められて浪曲を語り、各中隊でも口演して廻り、“浪曲上等兵”なる渾名が付けられた。翌45年、終戦間近の8月9日未明、ソ連軍との実戦となり、所属部隊が猛攻撃を受けてほぼ壊滅し、多くの戦友を失う。自身も爆裂で人事不省に陥り、やっとの思いで退却部隊に合流出来たのだった。一時は聴力を失って絶望をしたがやがて回復し、浪曲がまたやれると喜び勇んだ。日本の降伏を知ったのは9月9日で、奇しくも母の命日であったという。
 退却行軍ののちに帰国できると思いきや、10月下旬にシベリアのハバロフスクに送られ、捕虜収容所での抑留生活が始まった。石炭の積み下ろしや基礎工事の穴掘りなどの辛い強制労働が続いたが、そこでも浪曲を語ってくれと乞われ、多くの新作も書いて語った。その内に、楽劇団を組織する様にとの上官からの命令で芝居の台本を書き、演出も手がけた。これは娯楽のためのみではなく、ソ連側は台本を厳しくチェックし、手を入れさせ、捕虜の思想教育の一環としたのであった。
 ある時、アパートの改修工事をしながら日本の歌謡曲や覚えたての「カチューシャの唄」をロシア語で歌っていたところ、住人たちが集まってきて拍手喝采となった。この体験は、浪曲よりも短い時間で人を魅きつけることの出来る歌の存在を改めて強く認識し、同時に自分の歌声にも自信を持つきっかけとなる。のちに『人生の道場だった』と述懐するシベリア抑留時代は、軍隊時代と共に、極限状態の人間の姿を知るものであり、日本と日本人を見つめた日々でもあり、歌手・三波春夫の堅固なバックボーンとなったのである。

(鈴木啓之=アーカイヴァー 協力:株式会社三波クリエイツ)

次の記事へ:浪曲から歌謡曲への転向

三波春夫DVD0枚+CD0枚+豪華解説書付き

ご購入はこちら

ブランク

TOPへもどる